景山とかんち

探偵を使ってパートナーの不倫を調べてもらう際は、最終的に何を目的にしていて、どうしたいかをあきらかにしておくことが重要です。浮気をやめさせるだけにとどめておくか、確たる証拠を掴んで離婚したい(裁判も考慮)などこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。依頼の内容次第では微妙に調査内容が異なってくるわけですから、大事なことです。当事者の負荷が大きい不倫は、いつか終わりを迎えるときが来ます。配偶者や職場に浮気がバレた挙句、離婚されたり、慰謝料請求や財産分与で金銭的にボロボロになる場合もあるわけです。また、元の鞘に収まったり、浮気を成就させて(?)結婚したりすることだってあります。落ち着く先は色々ですが、不倫では失うもののほうが多く、幸せな結末なんて金輪際ありえないのです。4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。夫は7つ年上で社宅住まいです。夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。しかし先週、家族会議の結果、離婚することになりました。育児は私の親のサポートも得られますが、経済的には私が大黒柱となって養っていかなければなりません。メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、夫には慰謝料と養育費、不倫相手には慰謝料を求め、最終的に公正証書に仕立ててもらったのです。行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、証拠を探したほうがいいでしょう。その際、証拠となるものは、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。不倫現場を、何のノウハウもない一般人が適確におさえたり、慰謝料請求や裁判に使える証拠を得るのはトラブルの要因にもなりかねませんし、興信所を活用することも考えておくと良さそうです。浮気に依存しやすい人というのは、鬱状態の人が少なくないようです。共通する点といえば、恒常的なストレスがあげられます。既婚者同士の不倫や、どちらかが結婚している場合、不安やストレスを心の中に抱えることが多くなり、メンタルや体調に大きな影響を与えるのです。それに、取り残された配偶者もウツや情緒不安定などの症状が出やすいです。結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。プロのアドバイスを受けつつ、心の傷を癒し、前進していけるのです。浮気相手と二股かけられていたことで別れたあとも人間不信を引きずってしまい、積極的に将来のことを考えられなくなるという例も多いです。それに、夫婦でもう一度やり直したいと考えている場合も、カウンセリングは相談はもちろん緩衝材としても良い効果を発揮します。男性は外に出るせいか、浮気するものと思われているフシがあります。しかし、女性だって浮気するじゃありませんか。同窓会以外にも職場や子供の学校関連など、女性だけが人と会う機会は多く、不倫ドラマが大ウケする時代ですから、既婚女性の浮気なんて珍しくもないのでしょう。近年、浮気する女性の数が伸びてきているせいか、配偶者の不倫で探偵社に相談する男性があとを絶ちません。不倫関係を精算したきっかけでやはり一番多い答えは、パートナーにバレたからというものです。ただ、一般人が自力で不倫の証拠を押さえるというのは困難なばかりでなく、思わぬトラブルに発展しかねません。結局のところ、その道のプロである探偵に怪しい点を探ってもらうのが、もっとも効果的なのではないでしょうか。しかし、浮気の気配を感じ取るまでは、自分でやらなければいけません。不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと思われるかもしれません。でも、ふとしたことがきっかけで不倫に発展することがあるので、女っ気のない職場環境だろうと用心すべきです。そういったところの方が、数少ない女性の存在というのは目立つものです。不審な点があれば、探偵を使って調査してもらうと、いたずらに心配せずに済み、精神的な疲弊をかかえずに済むでしょう。不倫関係に終止符をうたせるには、浮気の証拠をしっかり掴んで、双方に慰謝料の支払いを求めるのが驚くほど効果があるそうです。不倫の相手のほうでは悪いことをしている感覚はあまりないという実態もあります。慰謝料を求めることにより、自分たちがしたことを実感させるわけです。このごろは技術が進み、GPS機能を使えば、浮気が懸念される人の位置情報を発見できるようになったのは有難いことです。調べたい相手にGPS搭載のスマホを使用させることにより、相手の現在位置が判断できます。マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、誰にも知られずに自分だけで浮気を見つけるときには、GPSを使えば便利だと思います。不倫と浮気は同じように会話の中では使われますが、実は違いがあります。厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに性的関係を持つことをいいます。もし不倫が発覚した場合、不倫相手と配偶者に代償として慰謝料を請求することが可能です。怪しいと思ったら興信所や探偵を雇って不貞行為の証拠を押さえ、不倫行為への慰謝料を要求することで不倫関係を一気に解消させるという手もあります。普通、離婚となると、浮気していた側は子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。でもそれは、絶対的なものではないのです。親権というのは原則的に、子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、子供を育てることに協力的だったかどうかといった点がチェックされます。最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかが最優先で考えられているわけです。本人たちにとっては遊びのつもりでも、不倫行為の代償というのは安くは済まないでしょう。配偶者の出方次第で大きな差が出てくるとは思いますが、別居や離婚ということになるばかりか、慰藉料を請求されることだってあります。不倫なんていうものは、露見してしまえば金銭的賠償だけでなく、社会的制裁さえ被りながら、これからを生きていかなければなりません。浮気の確固たる証拠を提示できない場合、訴訟ではおそらく不利になると思います。どうしてかというと、裁判所が不倫行為を否定するケースも充分にありえるからです。そこで物を言うのが、浮気の事実を立証できる証拠の存在です。思いこみで裁判に負けることに納得できる人はいませんよね。そうならないために、裏付け調査を探偵に依頼するほうがいいでしょう。大事な家庭に不倫という影を感じるようになったら、探偵業者にすぐ調査を依頼せず、料金の発生しない無料相談を活用するのも手です。家庭内でのゴタゴタで気持ちの安定を欠いているときに、いきなり知らない相手に極めてプライベートな調査を依頼するのは、やはり不安でしょう。リスク軽減のために、うまく無料相談を使って業者の良し悪しを見極めましょう。もし浮気に気づいても、むこうの警戒心が高ければ、自力で浮気の証拠を押さえることは、至難の業です。ただ、証拠さえあれば、離婚するしないにかかわらず、うまく話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。配偶者の浮気の疑いが濃厚であれば、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。調査費用はかかりますが、交際相手とホテルから出てくる写真のように、第三者にも分かるような裏付けをとってくれるはずです。配偶者に浮気をしていることがバレたときは、慰謝料が必要になることがあります。婚姻関係や婚約中といった間柄なら当然です。相手がきちんとした裏付けをとっていれば、逃げおおせることはできないでしょう。慰謝料の額は実際、50万くらいから何百万円までと大きな違いがあるようです。その額で難しいときは、現実的な支払額になるよう相談することもできます。不倫の慰謝料請求には期限があります。不倫相手を特定してから3年間、でなければ不倫行為から20年間が請求期限となります。仮に時効直前でも訴訟に持ち込めば、時間経過をリセットできるんです。期限まで間がないときは、訴訟に踏み切ることも選択肢に入れてみましょう。興信所や探偵社で行う浮気調査は、成功報酬プランを設定しているところもあります。それなら証拠がなければ支払いが発生しなくてなんだかとても「得」に見えますよね。ただ、調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、普通より調査に時間がかかりそうな場合は引受できないということもあるようです。さらに、これが一番多いケースなのですが、首尾よく証拠を入手できた際は「うわっ」と思うような請求書をつきつけられることがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。一般に知られている通り、同窓会での再会は、禁断の恋に陥ることが本当に多いです。以前ときめいた相手と距離が近づいたり、級友同士ということで異性に対する警戒心が薄れ、気持ちが通じやすくなるのです。もし里帰りや同窓会、OB会などのあとにパートナーの挙動に不審を感じたら、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。不倫相手の奥さんがきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくるのは覚悟しておかなければなりません。慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、先方夫妻が結婚を継続するか否かで差があります。その時点で離婚していないのに非常に多くの慰謝料の請求があったら、すぐ返事をせず、弁護士に相談するようにしましょう。お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機になるのは、子供や孫を望まれたからとか、妻が妊娠したからというのが実に多いのです。裏切っていることに対してあらためて良心の呵責を覚えるようになったり、W不倫の現実に辟易するのです。もしくは、転勤や世帯構成の変化などで今までのように会えなくなったりすると、やましい気持ちもあってか、別れを切り出すきっかけになるのです。一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、された側にとっては信頼も人生設計もすべてが揺らぐのが不倫です。そんな不埒な行いを放置するというのは不可能でしょう。浮気の裏付けをとる方法は定番なところでは携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。用心してフリーメールを使っていたり、ライントークで相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。浮気を証明する写真といったらやはり、不倫の相手とラブホ前で手をつないでいる場面でしょう。頑張れば自分でも写真を撮れそうな気がしますが、よほど高性能なレンズでない限り不鮮明になるケースが非常に多いです。証拠として認められる品質のものを得たいなら、その道のプロである探偵に依頼するほうが現実的です。不倫で略奪婚に成功しても、あまり幸せになれないという話があります。100パーセントとは言いませんが、けっこう当たってますよね。どう言い繕ったところで自分の幸福のために、他人の幸せをうばうことに呵責を感じないわけですから、めでたく結婚できたとしても自分たちの事情がばれるの怖さに嘘をついて生きていかなければいけないでしょう。不倫相手と結婚したって、再び不倫にならないとも限らず、心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。配偶者の浮気がわかったときは、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。徐々に落ち着きを取り戻してきたら、浮気に対してどのように臨んでいくか考えましょう。「浮気は甲斐性」だなんてとんでもない。あれは、やってしまった人間が「有責」なのです。精神的にはまだまだ本当の解消には至らないかもしれませんが、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料を請求するのは、配偶者として当然の権利です。許しがたい不倫行為を働いたパートナーへの復讐は、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。うわさ話程度ではなく、誰が見ても明らかな証拠が必須だとは思うのですが、証拠さえ入手すれば、後はとことん相手を追い込んでやることができますからね。私はやるかどうかわかりませんが、実際、不倫相手の職場の同僚や親族などに密告する人もいるようです。家族関係の悪化や失職するなど、それなりの報いを受けるわけです。子供も小学生で手もかからなくなってきたので、パートに出て、仕事を教えてくれた社員の方(既婚)に誘われ、不倫関係をもつようになりました。子育てが落ち着くまではと、のんびりと主婦してただけなので、軽率なところもあったんでしょう。最近、様子が違うと、夫も早いうちに気づいたみたいで、彼の奥さんと連絡をとりあった挙句、向こうはヨリを戻しましたが、私はそうもいかず、夫には慰謝料と離婚を求められるということになってしまいました。不倫していたことが問題になって離婚話がうまく進まず、とうとう家裁での離婚調停となることもしばしばあります。調停の場では家事調停委員を間に入れて裁判所内で協議が行われるため、当人同士や親戚内で話し合うよりも比較的円満に話し合いが進められるため、精神的な疲労もそれだけ軽減されます。前の日はよく眠り、気楽に行くことです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク