大町の伊藤賢一

諸般の事情により不動産の売却を急いでいる時は、よくとられる手段としては次の二つが挙げられます。まずは直接買取が可能な不動産業者を見つけ、買い取ってもらう方法で、これなら仲介手数料も発生しません。あるいは相場より安い値段で売り出して早く売り切るやり方です。目的達成のためにはやむを得ませんが、どちらに転んでも本来の相場より相当安価になるのは明白ですので、よく考えて決断してください。つつがなく、所有のマンションを売却したら、必ずしなければならないことがあります。それは、所得税や住民税などの納税の手続きです。売却の際に受けとる利益には税金の支払いが発生してしまいます。ただし、もし売ることになったマンションがそれまでのマイホームで、投資などのために所有していたものでなければ、3000万円を限度とした特別控除、それに、特別軽減税率などの有利な特例が適用されるでしょう。確定申告をする際に、税金について調べれば、しばらくして、納税していたお金を取り戻すことができます。不動産査定を行う場合、複数の不動産会社でなぜ査定額にバラつきがあるのでしょう。それというのも、一つ一つの不動産会社ごとに売買経験やノウハウの違いがあるほか、その会社独自の査定基準をポイントにして査定額を決定しているためです。このような特徴から、不動産物件の査定を会社にお願いする際には、可能な限り多くの会社に査定をお願いした方が、高い査定額を提示してくれる不動産会社が見付かりやすいです。不動産を売る時には査定を受け、比較検討するのがベストなのですが、どれくらいの会社から査定を受けて比較すればいいのか迷う人も少なくありません。あくまで平均的な数になりますが、どれだけ時間がなくても、三社は受けておくべきでしょう。一、二社では比較もできませんし相場も分からないので、もしかしたら、相場以下の見積もりの仲介業者を選んでしまうかもしれません。かといって、たくさんの業者に査定を依頼すればOKというわけでもなく、逆に多すぎても情報過多になりますから、とりあえず、三社程度が最適なのではないでしょうか。一戸建てを売却しようと思い立った時に頼む仲介不動産屋を見極め方は最初にその不動産屋の得意分野を調べてみましょう。特に一戸建ての売買に定評のある不動産屋、マンションの売買なら任せてくださいという不動産屋もいますから、選択する時は自分の用途に合っているか確認しましょう。また、一戸建てを売りたいと思ったら、便利なのは一括査定サイトです。 たくさんの不動産屋へ同時に依頼できて、簡易的ではありますが、査定額がわかります。最初に定めた期間内に売れなかった場合、会社が家を買い取るといった「確実に売れる」システムが「買取保証制度」です。不動産業者による査定の際に説明があるかもしれません。一定の時期が経過すると、契約時に定めた通りの金額で業者が買い取るため、金銭的な見通しは明確になりますが、仲介で売却したときよりも安くならざるを得ないという短所はあります。呼び方は同じでも業者によって条件は微妙に変わりますし、売り主の要望で付けられるオプションなので、付けるかどうかは慎重に考えた上で選択しましょう。査定で必要不可欠な不動産査定書は、不動産の物件データそのものや、電気、ガス、水道の状態、排水設備の状態、路線価による土地相場、公示価格といった詳細な物件情報が記載されているものです。不動産業者などが見積もりを出す場合は、不動産査定書類をベースにして査定額を決定しています。この書類はどのようにして入手するのかというと、契約した不動産会社に頼むと作成してくれますが、プロの鑑定士に不動産鑑定評価書を作ってもらい、それを使うこともできます。よく同じものだと勘違いされますが、不動産鑑定と不動産査定は、公的機関や法的な場面でも使えるものか否かという違いがあります。査定においては、その不動産会社の販売実績や独自の査定基準から計算した大体、いくらくらいになるという予想額だと言えます。その一方で、鑑定は国家資格を持つ専門家の不動産鑑定士が鑑定評価基準に則り、その不動産物件をあらゆる観点から厳密に評価したものです。不動産鑑定評価書に記載された内容は査定に比べて公的機関でも有効に認められている評価だということになります。不動産物件の査定を受けたあと、その業者から再三再四、売却に関して連絡される場合もあります。一度断ってもまたアタックされたり、何社も査定に来られたら面倒かもという考えを逆手にとられ、簡単に1社目と契約を結んでしまうこともあるようです。それで良いのでしょうか。気が進まないのであれば断固として断りましょう。営業は競争であり、脱落者が出るのは分かりきったことですし、遠慮することはありません。バブル期に建てられた築30年ものの戸建など建築年数的に売却に不利な家の場合も、この頃はリノベーション人気も相まって、昔より売却が可能になってきました。また、古い家は床面積に比較的ゆとりがありますから、手を加えてシェアハウス的に利用したい買い手が珍しくなくなってきました。あらかじめ建物診断検査を受け、蟻害、深いヒビ割れ、沈みなどの問題がないのがハッキリしていれば、売却交渉も有利に進むでしょう。不動産を売却する理由は様々ですが、あまり人には知られたくない場合もあるでしょう。このような、個人情報を伝えずに不動産物件がいくらになるのか査定してほしいという人も多く、不動産の一括査定が匿名でもできるサイトを使う人も珍しくありません。利用者が増えているワケは、悪質な営業を受けるリスクを回避できるうえ、素性の疑わしい業者に詳細な個人情報が漏れる危険がなく、安心感が違うということでしょう。しかし、残念ながら匿名の一括査定サイトでは簡易審査だけしかできないので、実際の査定額とは異なる場合があります。戸建てを売却して得たお金から、最初に一戸建てを買った時の購入費と、売却にかかった諸々の経費を差し引いて、手元に残るのが譲渡所得になります。譲渡所得税の課税対象となるのは、このお金に対してです。その税率はというと、その物件を所有していた年数が5年以下(短期譲渡と言います)の場合と5年以上所有していた場合(長期譲渡)とで違い、長期譲渡の方が、低い税率になるのです。また、差し引き計算した結果、マイナスとなってしまったときは、所有年数が5年以上だった場合に限り、特例として、損失の損益通算と繰り越し控除の特例が適用されるでしょう。今後、不動産物件の売却を考えている方へ売却の流れをご説明します。はじめに、査定をしなければなりません。仲介業者を選んでお願いしましょう。しばらくすると、査定結果を教えてもらえるハズです。問題なければ、その仲介会社と契約します。次は、会社が広告を出して買主が現れるまで待ちます。買手が現れないと、値下げ交渉に入ったり、買手が決定するまで長い時間がかかるケースもあります。無事に買手が決まれば、相手にお金を支払ってもらい、売却完了というわけです。これが基本的な買取の手順となっています。数ある不動産業者の中には、悪質な業者もあります。他社の査定結果より高すぎる査定額を提示するような業者があれば気を付けた方が良いでしょう。査定額が相場に対して不自然かどうか判断できるのも一括査定を使う利点でしょう。あるいは、査定額に関する説明を求めた時に、きちんとした説明責任を果たさないところも関わらない方が良いと思います。意外と知らない方が多いのですが、不動産の査定を実施する不動産業者がまともな会社かどうか推測する手段のひとつに免許番号があります。名刺や広告に免許番号が掲載されていないところは、認可のない違法な業者かもしれません。また、第何号という番号の前につくカッコ内の数字は免許更新回数を表すので、かっこ内の数字が大きいと長く営業していることになります。ただし、例外もあり、別の都道府県に移転したり、2県以上に営業所を増設する場合も数字が1から始まりますから、カッコ内の数字が1や2だから宅建営業歴が浅いと言い切ることはできませんが、一応の目安にはなります。不動産会社を介して物件を売却する時は、最初に複数の会社に査定してもらい、対応、金額ともに納得のいく業者をセレクトします。そして媒介契約ということになりますが、媒介契約というのは専属専任、専任、一般の3種類に分かれていて、売主が買主と直接契約できるかどうか、不動産業界内の仲介物件情報に物件を登録するかどうかといった差がかなりあり、あとで変更は効きませんから慎重に選んでください。いずれ購入したいという人が見つかったら価格交渉等をした上で、媒介契約をした不動産会社を通して物件の売買契約を交わします。確かに、不動産の一括査定サイトは役に立ちますが、その一方で色々な業者からしつこい営業を受けることになるのでは、と思い悩んでいる人も珍しくありません。しかし、個人の携帯番号だけを知らせておいて、電話が頻繁にかかるようであれば、その業者を着信拒否すれば何回も断る手間が省けます。このよう信頼できない行為を繰り返す不動産業者は、いくら高額の査定額を提示していたとしても選ばなくて済みますし、なにより、相場を知れるのは実際の契約においてとても重要なことですから、思い切って使ってみると、一括査定サイトの便利さが分かると思います。多くの不動産会社では物件売買の仲介としての立場を取りますが、不動産会社の業務内容によっては、物件の買取を行っています。方法としては、こうした業務を請け負っている業者の査定をお願いして、納得できる査定額であれば、その業者と契約を結び、売却手続きに入ります。売りづらい物件を仲介で売却するとなると、ある程度時間ががかかることを覚悟しなければなりません。しかし、この時間を省略できる買取は契約がスピーディーで、すぐに売ることができます。ご存知の方も多いと思いますが、不動産査定は「訪問査定」と「机上価格査定」とに分かれます。査定の精度が高いのは訪問査定です。訪問査定では不動産会社が直接物件をチェックし査定額を決定します。一方で、机上価格査定では、物件の情報だけを頼りに査定額を出しています。物件の築年数や間取りといった情報や、周辺地域での相場、会社の持つ似たような物件の販売経験などを参考に机上価格査定が行われます。やはり、机上価格査定は訪問査定ほど正確な査定額は算出できませんが、ある程度の参考になるでしょう。オープンハウスは近隣需要を喚起できるため、他のマンションから目移りした買手なども現れて、売却がラクになります。しかし、オープンハウスの弱点というのもあり、どのマンションのどの部屋が売りに出されるのかが近所の人たちに知れることは否めません。広告がエリア内の一戸建てにもマンションにも配布され、不動産会社のロゴ入りのノボリ旗が立てられたりと注目度は著しいですから、静かにひっそり売りたい方はそれなりに負担になるかもしれません。戸建てを売る流れは、最初に複数の不動産屋に査定を依頼するのが一般的です。最も理想に近い条件を提示した業者と契約をしますが、その際に、その業者に直接買取をお願いする方法もあります。しかし、多くの場合、買い手との仲介をお願いする、媒介契約になります。どうしてかというと、買取のケースでは査定対象には建築物が含まれないケースが大半で、土地の価格のみになる場合が多いためです。色々な理由から一戸建ての売却時に値がつかない場合があります。何十年と住んでいた物件では、マイナスポイントとなる建物をなくし土地のみにするか、解体費用の負担をお願いしたいと、言われてしまうことがあります。また、こだわりのつまった一戸建てでは建てる時には金額が高くなることが多いですが、いざ売る際には独自のこだわりがマイナス評価されることもあり、不服にも相場より値が下がることも多いでしょう。リフォームをしてからマンションを売りに出した方が、有利だと考えてしまっている人もいるようです。ところが、一概にそうとは言えないのです。マンションをリフォームするのはある程度の纏まったお金が必要ですし、使った金額を取り戻せず大損というパターンになることもしばしばです。居住を希望する人ごとに好みは分かれるのですから、リフォームにお金をかける分、価格を下げた方が想定よりも早く売れたりするのです。購入をためらわせるようなウィークポイントが見当たらない場合、そのまま売ってしまって大丈夫です。満足のいく価格でマンションを売りたいなら、売りに出そうとしているマンションを査定依頼するときは複数の会社に依頼し、市場価値をきちんと把握しておくことが大事です。そのあたりが無頓着では、業者は分かりますし、買い手も強気で交渉してきて、あとあと「もっと高く売れたはず」とガッカリする結果になりかねません。それから査定をしてもらう際に、業者の説明や態度などを観察していくと、担当者との相性や会社の営業力なども分かります。この時も一社より複数の方が比較できて安心です。一般的に、不動産査定の方法は「訪問査定」と「簡易査定」とに分かれます。なお、所要時間も変わることを留意しておきましょう。まず、簡易査定に必要な時間ですが、30分から1時間で結果が算出されます。その一方で、訪問査定のケースでは、訪問は1時間を超えることはほとんどありません。けれども、これ以外に役所調査が必要になるため、場合によっては1週間近い時間が必要になることがあると考慮してスケジュールを組んでおいてください。誰でも家を売る際には高く売りたいものです。それなら手始めにネットの住宅一括査定サービスを利用してみてはいかがでしょう。複数の会社から見積りをとり、査定額もさることながら、本当に力になってくれそうな業者に絞って契約するのです。その後、購入見込みの人が内覧に来る際には広く明るい家という印象を持ってもらえるように掃除はけして怠らず、使わないものは処分し、スペースに余裕をもたせる工夫が必要です。ツッコミどころがあれば値切られるでしょうし、逆にきちんとしていれば場合によっては相場より高く売れることもあるのです。普通、不動産査定を受ける時は、まずネットで相場を調べるのが定石ですが、そのあと査定額を確実にするために、訪問査定を依頼します。たとえば、立地条件や建物に痛みがないか、間取り、日当たりの状態ですとか、マンションを査定する時は、エレベーターや廊下などの共有のところの様子もチェックしてから最終的な査定額が算出されます。もちろん、業者次第で少しずつ査定のポイントが変わり、査定結果も変わってくるでしょうから、一社の査定だけで決めるのは危険です。所有していたマンションを売ったら、税金がかかることがあるのです。この税金は譲渡所得税と呼ばれています。マンションを買った金額と比べて、高額な値段で売ることができた時、利益に対してかかるのが、譲渡所得税です。ですが、譲渡所得税はマイホームを売却したときには特別控除などが発生するので、自分の住居用のマンションを売却したケースでは譲渡所得税が発生しないことがほとんどです。ネットなどで匿名でできる査定とは異なり、きちんとした不動産査定を会社に依頼するのであれば、必要書類を準備しておきましょう。とくに、登記簿謄本の用意は必須です。たとえ日付が古くても、記載された内容に変わりがなければ使えるケースもありますが、より高い精度の査定を希望するのなら、日付が新しいものを用意した方が良いでしょう。その他にも、固定資産税評価証明書や権利書の関係も忘れずに用意しましょう。売却予定の物件のローンが残っていれば、ローン残高証明書はもちろん、土地測量図や建築設計図なども準備しなければなりません。誰でも、不動産物件を売却する時にはできるだけ高く売りたいと思うものです。同じ査定方法でも、業者が違えば数百万円もの差が出ることもあるため、どの業者を選ぶかということは、決定的な重要度を持っていると言えるでしょう。ですから、査定の際にはぜひ一括査定を受けてみてください。たくさんの業者の見積もりを受けられるので比較検討しやすく、最も高評価を付けてくれた業者を知れますし、物件の相場も分かるのでおススメです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク